Skip to content

浄水器の設置にかかる初期費用

浄水器を使い始めたいと考えた時には必ず本体を購入し、取り付けまでを行わなくてはなりません。そうした際には事前にどれくらいの費用がかかるのかと言うことを考えておくことが必要になるのですが、それでは浄水器を設置する際の初期費用としてはどういった金額がかかってくるのでしょうか。これはタイプによってかなり異なりますが、まず最も手軽なポット型の場合、これはただポットを買うだけで良いわけですから2~6千円程度あれば十分です。これよりもワンランク上の物としては蛇口に直接取り付ける蛇口直結型がありますが、これも2~6千円程度で購入することができます。

ただこれは蛇口への取り付けが必要ですから、そうした作業を電気店やホームセンターに代行してもらうのであれば、作業費として1~2千円程度を見込んでおいた方が良いでしょう。次に浄水器の中でも特に使用者が多い据え置き型の場合ですが、これは商品の数が多いだけあって価格の幅がかなりあります。安いものであれば2万円、高いものであれば8万円程度となりますからまずはその金額がかかり、取り付けを代行してもらう場合にはやはり1~2千円程度、サイズによっては5千円程度まで見込んでおかなくてはならないでしょう。そして最後にシンクの下にあるスペースに取り付けるアンダーシンク型ですが、これも商品の価格帯がかなり幅広くあります。

商品自体の価格としては2~10万円程度が一般的ですが、これを個人で取り付けることはかなり困難です。特に年数が経過しているシンクなどの場合には取り付け工事が必要になりますから、その場合は施工業者に見積もりを取らなくてはなりません。見積りによっては総額で20万円ほどかかることもありますから、アンダーシンク型の購入は慎重に判断する必要があります。浄水器の初期費用としてはこのようになっていますから、購入の際にはどれくらいの費用がかかるかを考えておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *