Skip to content

お風呂への浄水器設置のすすめ

浄水器と聞くとキッチンに設置するもの、というイメージお持ちの方も多いかもしれません。安心して飲める水を確保するための装置、ととらえている人が多いことでしょう。しかし、実際に浄水器を設置すべき場所はキッチンをはじめとした飲み水用だけではありません。特にお風呂に関してはその設置を強くおすすめしたい場所です。

これは、水道水に消毒用の残留塩素が含まれていることに由来します。この残留塩素は水道水内で細菌の繁殖を防ぐには衛生上必須です。ただ、酸化作用をもつ残留塩素は、たんぱく質からできている髪のキューティクルを傷つけてしまいます。さらに、皮膚に対してもその影響は同様です。

つまり、個人差はあるものの、肌や髪のことを思うとお風呂にも浄水器は設置すべきと言えます。また、電気温水器にも注意が必要です。この電気温水器は、タンクにお湯を貯めて電熱線で温めて給湯するのが一般的な仕組みです。そのため、その使用にあたっては温水器に常に水が溜まっている状態になります。

毎日その中身が完全に使われきれることはなく残ったお湯がタンクに残る。そのサイクルが日々繰り返されるため、決して衛生面に優れたシステムではありません。実際に電気温水器から給湯された水を飲むことは禁止されています。定期的なメンテナンスによりその状況はある程度清潔に保つことができますが、完全なものではありません。

その観点からも電気温水器を使っている場合、お風呂にも浄水器を設置するのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *